中性脂肪の特性について

トップページ > 中性脂肪の特性について

中性脂肪の特性について

グリセロール

グリセロールといわれる物質と、クリグリセドといわれている脂肪酸が結合したものが中性脂肪といわれるものとなっています。

 

血液中にも脂肪が流れているのですが、その中には遊離脂肪酸やリン脂質、コレステロールなどがあるのですが、中性脂肪も血液で体中に運ばれています。

 

脂肪というのは、成人病や生活習慣病の原因としてマイナスイメージが強いのですが、全く必要ないものではありません。脂肪があるからこそ、体を動かすためのエネルギーを作り出すことができているのです。

 

また、脂肪があるからこそ、体温を一定に保つことができるようになったり、衝撃から臓器を守るクッションとしての役割を果たすことができているのです。

 

ですから、中性脂肪がなくてはエネルギーを作ることができない為、生命維持をすることができなくなってしまいます。この中性脂肪は消費されなかった場合、体脂肪に変化をすることになります。そして、残った中性脂肪は肝臓に蓄積されてしまうことになります。

 

糖質と比べると、中性脂肪は2倍ものエネルギーに変換することができます。ですから、もしもの時のために体の中に保存されている特性を持っているため、運動をしなかったり、カロリーを多く取りすぎてしまっていると、どんどん体の中に蓄積されていくのです。

 

そして、その結果、健康に悪影響を及ぼしてしまって、食事療法などをしなくてはならなくなってしまったという人も多くなっています。

 

中性脂肪を溜めすぎてしまうと、最悪生活習慣病に発展しかねませんから、中性脂肪を溜めないような生活をしていくことが大切です。