中性脂肪を下げるにはサプリメントしかない!中性脂肪対策研究室

トップページ > 尿路結石や痛風の原因は尿酸値が高いから?

尿路結石や痛風の原因は尿酸値が高いから?

尿酸の血液中濃度というのは、7rが上限となっているのですが、この7rを超える濃度が慢性的に続いていると、医師から高尿酸血症になっていると診断されることになります。

 

尿酸値が上昇してしまうと、色々な病気を発症してしまうリスクがかなり高くなってしまいます。特に発症する可能性が高いのは痛風でしょう。

 

痛風の痛みというのは、非常に強いのですが、大体1週間くらいで嘘のように痛みが無くなってしまいます。
そのため、完治したのだと錯覚をしてしまい、病院で処方された処方箋を飲まなくなってしまったという人もいます。

 

ですが、あくまでも痛みが無くなっただけであり、尿酸値を正常に戻さなくては、また痛風の激しい痛みに悩まされることになります。何度も通風を再発させていると、痛みが無くなってからまた再発をするまでの時間がかなり短くなっていきます。さらに腹部の痛みだけではなく、体中の関節にもかなり強い痛みを感じるようになってしまいます。

 

痛風によって死亡してしまうというのは、かなり稀なケースとなっていますが、放置をしてしまっていると別の病気まで誘発してしまう可能性が高くなってしまいます。ですから、少しでも早く尿酸値を下げるようにしていかなくてはなりません。

 

尿酸値が基準よりも高くなっていると、尿酸によて尿路結石や腎臓結石を作り出してしまう可能性も上昇してしまいます。そして、尿を排出させにくくなってしまったり、慢性腎不全を誘発してしまうということもあるのです。

 

慢性腎不全になってしまうと、腎臓の機能が正常に働かなくなってしまうわけですから、人工透析をしなくてはならなくなってしまうこともあるのです。