二重まぶたに遺伝性はあるのか?

トップページ > 二重まぶたに遺伝性はあるのか?

二重まぶたに遺伝性はあるのか?

二重まぶたになるかどうかというのは、遺伝性があると一般的に考えられています。まぶたがどのように持ち上がっているのかによって、二重まぶたになるか一重まぶたになるか違っているのですが、その持ち上がり方は遺伝が影響をしているとされています。

 

学校の授業でメンデルの法則といわれる法則を学んだと思います。メンデルの法則に則って説明をすると、仮に一重まぶたはAという遺伝子、そして二重まぶたはaという遺伝子だったとします。

 

両親からaの遺伝子を引き継いでいるのであれば、aaになるわけですから、間違いなく子供に二重まぶたが遺伝されることになります。ですが、片方の親からしかaの遺伝子が引き継がれなかった場合、二重まぶたになる確率は75%となります。

 

この二重瞼の遺伝子は優性遺伝されることが多いのですが、必ずしも優性遺伝されるとは限りません。
ですから、両親のどちらも二重まぶたではないとしても100%子供も一重まぶたになるとは限らないのです。

 

また、完璧な二重まぶたではないにしても、奥二重になるということもあります。これ以外にも、脂肪がついていなかったら本来であれば二重なのに、脂肪がまぶたについていることで一重まぶたになっているという場合もあります。

 

また、子供の頃は一重まぶたになっていても、大人になっていくと二重まぶたになったという人もいますし、毎日マッサージをしたことによって、一重まぶたから二重瞼になったという体験談も少なくありません。