CCクリームとニキビ隠し

トップページ > CCクリームとニキビ隠し

CCクリームとニキビ隠し

CCクリームはよくBBクリームと比較して考えますが、その特徴として油分が少ないということがあります。また、美容成分や保湿成分が多く、メイクでありながらも化粧水や美容液に近いイメージで利用できるということができるかもしれません。ニキビを隠すためにファンデーションやコンシーラーを使うことがありますが、これらを利用するより、ずっと肌への刺激や負担が少なくなっています。しかも、それでいて肌のトラブルを隠すカバー力はBBクリーム並とも言われていて、非常にうれしいアイテムだと言えるでしょう。

 

ただ、それでもどうしても隠しきれない目立つタイプのニキビがあります。こういう場合はワンポイントでコンシーラーを塗っていくと良いでしょう。色には十分注意をして使ってくださいね。

 

基本的にニキビがある場合は肌に刺激を与えてはいけませんから、こうした場合にはCCクリームを利用するのは非常に有効と考えられます。やはりファンデーションやコンシーラーはカバー力は高いのですが、肌にそれなりの負担がありますので、治療ということを考えるなら使うのは控えられる方が良いのです。ましてや厚塗りはいけません。

 

CCクリームにワンポイントでコンシーラーやファンデーションを使うときは、全体のバランスを考えても、また肌への負担を考えても、軽く乗せることがポイントになります。CCクリームのメリットを失ってしまわないように、ブラシなどを用いて上手に乗せるようにしてくださいね。