子育て中の母親のノイローゼ

トップページ > 子育て中の母親のノイローゼ

子育て中の母親のノイローゼ

ノイローゼという病気はみなさん聞いたことがあるでしょうが、これが子育て中の母親に起こることもあるとご存じでしたか。子育て中のノイローゼは日々の軽いストレスが原因となり、発散されないまま蓄積した結果起こる病気です。

 

まるでうつ病のように目はうつろで何もしたくなく無気力状態に陥るのです。話の分かる大人ではなく、自由で考えてることがわかりづらい子供相手ですので、ついイライラしたり子育て自体を楽しいと思えなくなることもあります。

 

そこで一人で子育てをがんばっていると、知らず知らずのうちにノイローゼ状態へと近づいて行ってしまうこともあります。子育てでストレスがあってもノイローゼになっていない人は上手にストレスと付き合えていると言えるでしょう。

 

人それぞれストレスと感じる感性やストレスになる子供の言動は異なります。また、発散方法もそれぞれですので、自分に合ったストレス解消法を見つけてみましょう。

 

そのためには周りの協力が必要となります。一番身近な夫に家事や子育てのサポートをしてもらったり、休日は子供を気にせず自分だけの時間を作ってもらったり、平日であれば保育園の一時保育を利用するなど子供と離れてみるといいかもしれません。

 

悩んでいれば子供の検診時に保健師に相談したり、地域の子育てサポートに連絡してもいいでしょう。なにより一人で抱え込み過ぎないで、周りの人に手を差し伸べてもらえるように室内だけでない場所に足を運んでみるということです。

 

外に出ることで気持ちもオープンになりやすくなり、周りを見ると自分と同じ悩みを持っている母親が多くいることに気づくかもしれません。辛いのは私だけじゃないとわかると子育ての不安や不満が楽になることもありますよ。